花粉症の本当の原因。

前回、花粉症は花粉が悪者なのではなく、花粉に付着した窒素化合物が悪さをしている、というお話でした。

今日は【花粉症になる人ならない人の違い】をお話しします

花粉が目や鼻から入ると、人間のカラダは出そうとするので、
健康な人は目や鼻の粘液がサラッとしていて正常範囲内の涙やタンや鼻水で出ていってくれます

でも不健康な人粘液がベタベタしていて、花粉がひっついてしまいます。
粘膜にひっついたまま水分を吸って膨らんで、
アレルゲンが溶け出しアレルギー反応を引き起こします

カラダは粘膜にくっついたモノを取りたいわけですから、
くしゃみで飛ばしたり、サラサラの鼻水で洗い流すんです。

健康的な粘膜を保てば、花粉症の症状は出にくくなるんじゃないのー?
てことは、花粉症の原因は不健康な自分が引き起こした症状かも~?
ということがわかるわけです

くしゃみや鼻水・かゆみなどの「アレルギー症状」を抑えているのが、抗ヒスタミン剤です
薬ですから、もちろん副作用もあります。
ごまかしていると、症状は年々ひどくなるかもしれません

レーザー・注射・漢方・・・といろいろ手段はありますが、
体内で炎症が起こっていると活性酸素がたくさん発生して、
老化を促進させますし、
花粉症にならない体を作ること
がベストだと思います


来春は春を満喫できるように、花粉症知らずのカラダを作りましょうね